ココファン・ナーサリーの
採用サイト
Close

先輩たちの声

ココファン・ナーサリーでは、さまざまな背景をもつ、
さまざまな職種の社員が働いています。
ここでは、キャリアパス、入社のきっかけ、
やりがいなどを、ご紹介しています。

ココファン・ナーサリーでは、さまざまな背景をもつ、さまざまな職種の社員が働いています。
ここでは、キャリアパス、入社のきっかけ、やりがいなどを、ご紹介しています。

  • 青山 雄亮(2016年新卒入社 保育士)

    これまでの経験

    4歳児や5歳児クラスを中心に担任を受け持ってきました。特に5歳児クラスは就学前の時期になるので、より責任を感じながらクラス運営をしていました。始まってみるとあっという間に1年が過ぎていくほど充実した日々でした。運動会や発表会などの大きな行事では、練習以上に子ども達が輝いて見え、その成長に毎回驚かされます。
    日々の保育でも、友達とのかかわり方やルールの大切さを伝え、これからの社会で必要なことを身に付けていく手本となれるよう子ども達とかかわりました。現在は4歳児の担任をしながら、幼児リーダーとしてクラス運営をしています。自分のクラスだけではなく、リーダーとして他のクラスをまとめていく難しさを日々感じていますが、職員間でのコミュニケーションを心掛けながら務めています。

    仕事のやりがい、おもしろさ

    命を預かる責任のある仕事なので、気を張っている時もありますが、子ども達から「ゆうすけ先生だいすき!」と笑顔で言ってくれたり、休暇の後に保育園に行くと、「先生がお休みで寂しかった…」と言ってくれたりと、子ども達にとって安心できる存在になれているんだなと思うと、とても嬉しいです。保護者の方にも、「いつも楽しく通って感謝しています」と優しく声をかけて頂き、保育士をしていて良かったなと思います。子ども達と1日の生活を過ごすなかで、今までできなかったことができるようになっていることや、子ども達の新しい発見を一緒に見付けられた時にやりがいや面白さを感じます。

    これからチャレンジしていきたいこと

    子ども達だけではなく、新しく入職してきた方々にとっても手本となれるよう頑張っていきたいと思います。保育は1人だけではできない仕事なので、仕事での悩みや相談事などを共有しながら、皆が働きやすい職場を作っていけるようにしたいです。また、幅広い事業を展開している学研グループに在籍していると、様々な業種の方とかかわる機会があります。そのなかで私にとっても良い刺激になったり、色々なことに興味を持てると思います。保育園で働きながらも、チャレンジしてみたいことがあったら、積極的に挑戦していきたいです。

  • 松井 量子(2019年新卒入社 保育士)

    学研に入社を決めたポイント

    就職活動において重視したのは、プライベートでの合唱団の活動を続けられる労働環境であることと、やりがいを感じられるかという点でした。シフト制であるため、活動がある日は早番を希望させていただき、両立しています。さらに、キャリアパス制度は学研グループ内での出向のチャンスがあり、キャリアの可能性が広がることに魅力を感じました。そして実際に園見学に訪れた際、園長先生の保育への熱意溢れるお話に感銘を受けて、学研に決めました。

    入社して良かったこと、印象に残っていること

    1年目は1歳児クラス、2年目は4歳児クラスで、はじめてのことが多かったのですが、周りの先生方にたくさん助けていただきました。乳児は一日一日できることが増えていくので、その成長を保護者の方や職員同士喜び合えることが嬉しかったです。幼児は、運動会や発表会などの行事準備の量が増え、その分大変さもありますが、行事を通してたくましくなっていく姿や、充実した表情を見せてくれた時に、やりがいを感じます。
    また、神奈川ブロックの数園で保育方法について進め方や経過を報告したり、話し合いをしたりして、お互いの園の保育に生かすことができたのは貴重な経験でした。

    これからチャレンジしていきたいこと

    これから数年間は保育の現場で経験を積みたいと思っています。一日として同じ日はないからこそ日々勉強です。子ども達や先生方からたくさんの刺激を受けています。将来的には学研グループ他社への出向や、特別支援学校の教員免許を活かせるキャリアに進むことも視野に入れています。日々様々な経験をしながら関心を深め、ビジョンを明確にしていけたらと思っています。今は、目の前の子ども達の幸せのために、一日一日全力で向き合い寄り添える保育士でありたいと考えています。

  • 田中 夢(2019年新卒入社 栄養士)

    栄養士としての子ども達との関わり方

    子ども達とは、廊下で話すことが多く、特に幼児クラスの子ども達とは、接する機会が多いです。「今日の給食何?」や「これ好き!これ嫌い!」は、毎日の出来事です。
    調理室の廊下に接する窓からは、子ども達の活動の様子や食べている姿がよく見え、目が合うと、手を振ってくれる子もいます。また、廊下を歩いている幼児クラスの子ども達と、ジュスチャーで会話することも。一つ一つのエピソードが、心に残っています。

    実際に入社して良かったこと、印象に残っていること

    栄養士として勤務しているので、日中の子どもの活動を見る機会は少ないですが、行事の時は、たくさん子ども達の様子が見られます。
    私は入社1年目の年は、行事のカメラ担当でした。夏祭りでは、お母さんお父さんと楽しそうな浴衣姿の子ども達、運動会では、かっこいい姿を見せようと頑張る子ども達、発表会では堂々とした立振る舞いで、一回り成長した子ども達。その他嬉しそうな顔、緊張した顔など、様々な様子が見られました。給食を作るだけではなく、子ども達のコロコロ変わる表情を見られる事が、入社して良かったと思うことです。

    これからチャレンジしていきたいこと

    2020年はコロナの影響もあり、子ども達と接する時間が短く感じました。
    クッキングは出来ず、食育も何日間に分け、短い時間で行いました。
    しかし、短い時間だからこそ、集中して聞いてくれて、日にちを分けたからこそ、次の日を楽しみしてくれていることに気づきました。改めて、食は子ども達が楽しみにしていると感じることができました。そして、今後も様々な食育を行っていきたいと思いました。栄養士だけでは視野がせまいので、保育士の先生方といろいろ考えていきたいです。0才から卒園するまで、卒園してからも食が好きな子が増えるように働きかけていきたいと思います。

  • 近藤 光江(園長)

    職場の雰囲気や活躍している職員

    いつも子ども達の元気な笑い声や泣き声、先生達の明るい声が響きわたる園です。
    先生達が全員の子ども達の名前がわかり、クラスの枠にあまりとらわれることなく、異年齢保育を楽しんでいます。先生達は保育に熱く、「子ども達が好きなこと!夢中になっていること!」をあそびに取り入れたり、常にワクワク・ドキドキの保育ができるよう話をしています。そして、子ども自身できることを大切に、見守り待つことも大切にしています。また、保護者の方とのコミュニケーションも大切に、その日のおもしろエピソードや頑張ったことなどプラスの声かけを心掛けています。子ども達が大好きで、保育が楽しいと思える温かい園です。

    園長として心掛けていること

    先生達が明るく元気に保育ができる事を大事にしています。シフトや健康のこと、保育で困っていることなど話しやすい雰囲気づくりや少しの時間でも子ども達のことや趣味のこと、少しの変化にも気付けるよう隙間時間の会話をするようにしています。また、先生達が働きやすいよう、そして支えになるよう笑顔のコミュニケーションも大切にしています。

    これから取り組んでいきたいこと

    乳幼児期の豊かなあそびや経験を得られる保育、地域の方との交流を大切に丁寧な保育ができるそして、保護者の方に「この園に預けて良かった。」と思ってもらえるような、園づくりを心掛けています。
    保育者一人ひとりが子ども達のつぶやきを聴きながら、寄り添い、目に見えない子どもの気持ちをくみ取って子ども視点で保育を考えられる園でありたいです。
    その為には、“保育っておもしろい!子どもっておもしろい!“という思いで保育をしながら、働きやすい職場であり、常に皆が学び続け、成長できる園を目指していきます。

  • 杉村 利佳(主任 保育士)

    これまでの経験

    新しい園のオープニングスタッフとして2園経験を積んできました。どのように園を運営していくか園長と方針を詰めたり、どのように保育を展開していくか職員たちで話しあったりして、作り上げていきました。
    担任としても0歳児クラスから5歳児クラスを経験しましたが、これまでで印象が大きかったのは5歳児クラスを担当した時でした。年長児として、小学校入学を見据えた生活をすることや、もじかずランドなどの学習的な物にも触れ、体だけではなく、心の成長が大きく感じられ、保育士としてとても大きな経験ができたと思います。
    今は主任として、至らない部分もたくさんありますが、園長をはじめ周りの職員の助けを得て、日々の保育をより良いものにしたいと思っています。

    主任の仕事のやりがい、おもしろさ

    園長の補佐をはじめ、園内の環境整備、書類の確認や指導、園内研修などを行っています。各クラスの悩みなども聞き、一緒に環境整備や、保育について一緒に考えています。各クラスの担当と一緒に子ども達の成長を共感することができた時はとても嬉しく感じます。様々なクラスにかかわることができるので、「あ、りかせんせー!」と子ども達も声をかけてくれます。
    それぞれの職員がやりがいを感じられるよう、様々な経歴、年齢の職員がいるので、主張しすぎず、様々な意見が出てくるよう促したり、現場の意見をまとめたりしています。
    また他の園の主任の方とお話をする機会もありますので、他の園での興味深い保育の展開や環境設定などを知ることができます。それを自園で生かし、より良い保育を展開できる楽しさを感じています。

    プライベートとの両立で工夫していることや
    心掛けていること

    家族に協力してもらいながら、両立できるように努めています。
    休日には家族の趣味を共有して一緒に過ごす時間を大切にし、有給休暇もしっかり取ることができるので平日には済ませたい用事などを済ませることができます。
    家族だけでなく周りの職員の協力もあってこそかと思っていますので、お互いに助け合えるよう心掛けています。
    私生活の充実があってこそ、良い保育ができるのだと思っています。

  • 松田 千尋(保育士)

    学研に入社を決めたポイント

    前職では幼稚園に勤めており、学研の教材に触れ、絵本もよく子ども達に読んでいたことから、以前から学研に興味がありまた。
    独自のコンテンツ(もじかず等)を活用した保育を行っていることや子どもの「自主性」を育むことを大切にしている学研の保育を学んでいきたいと思いました。ココファングループの高齢者施設が近くにあることから「多世代交流」が多く行えることもあり、様々なことに挑戦してみたいと思い、入社を決意しました。

    実際に入社して感じる学研の良いところ

    様々な行事や活動、もじかずやスポチャン・多世代交流等、子ども達が楽しめて、すごく生き生きとしている姿が見られるます。
    また、本社での研修や園内研修を多く行っていることから、日々の自分の保育を見直すことができたり、新しい知識を取り入れることができたりと、より良い保育を行うために常に学べる環境が良いと思いました。
    他園との交流も多く、(子どもの姿等)情報や迷っていることなどを共有することで、交流の場を通していいアイディアが浮かぶこともあります。

    これからチャレンジしていきたいこと

    まだまだ教わる身であり、日々学んでいる最中ではありますが、少しずつ後輩に学研の保育の良さや子どもとのかかわり等、私が学んできたことをどんどん伝えていきたいです。
    独りではなくチームで働いていること、助け合える良い職場であるために、私が先輩の先生方や園長に教えて頂いたことをこれからも伝えていきます。そして、今までと変わらず毎日子ども達とあそんで楽しく過ごしていきたいです。

  • 稲垣 香名(児童発達支援施設 施設長)

    学研の療育の良いところ

    学研という大きな基盤のもとに安定的な療育を提供していけること、これはご利用者様にとって継続的な療育を受けられるという信頼と安心感に繋がる大きな利点だと思います。
    オーダーメイドで作る療育内容のため、子ども一人ひとりの特性だけでなく、その時の状況や体調にも合わせて行っているのはクロッカの療育の良さだと思います。子育てをしていると、つい子どもの「今できていないところ」を見てしまいがちになります。クロッカでは「これからを生きるための力」を伸ばしていくことを重視していますので、保護者の方にもしっかり寄り添いながら“その子の得意” に目を向けて療育に生かしていくことで、育ちのお手伝いをしていき、伝えていきます。そのなかで保護者の方との関係を構築して一緒に子どもたちの育ちについて考えていけるところも学研の療育の良さではないかと思っています

    保育との連携について

    学研ココファン・ナーサリーの保育園に園訪問や、相談を受けることから始まり、近隣施設で通所可能な範囲の方にはクロッカの通所に繋げています。また遠方の園には、園訪問や電話で気になるところについて相談支援を行っています。学研以外の保育園や幼稚園とも連携を取っており、園訪問や日々の保育・療育内容の共有も行っています。

    これからチャレンジしていきたいこと

    学研が療育を行うことで「療育に通う」ことへの敷居を下げたいと思っています。障害や発達に関する診断の有無に関わらず、ちょっとした生きづらさや発達への心配を感じた時に、出来るだけ早い段階で来ていただければ、学齢期や大人になってから感じる生きづらさを乗り越え、避けるためのコツや方法、そして学ぶ楽しさや喜びを持って大人になれるのではないかと思っているからです。療育を通して「自分のことが大好きでいられる子ども」が一人でも多く社会に出ていけるよう、療育が苦手を克服するだけでなく、得意を伸ばせるような場所、安心できる大好きな大人がいる場所、自分らしくいることを肯定できる場所となるよう目指していきます。
    また、障害や特性のある方の幼児期から成人期まで一貫してサポートができるシステム(児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、園訪問、相談支援、不登校・学校不適応児のサポート、就労支援等)を学研の中で構築していくことで「学研になら安心して子どもを預けられる」と思って頂けるようになること、それぞれの事業所数を増やしていけるような信頼を得られることも、これからやっていきたい夢の一つです。

  • 横山 ゆかり(学童 施設長)

    学研の学童について

    企業理念のもと、子ども達、保護者、職員が笑顔で元気になれる場所だと思います。
    様々な場面においても、職員同士、コミュニケーションをしっかりととり、行動指針でもある、情熱とスピード感を持つ個の力を集団の強さにし、より良いチームづくりを目指しています。
    そして、基本方針として掲げている「明日も来たくなる学童」みんなが、笑顔になれる放課後の居場所を提供しています。

    職場の雰囲気

    みんなが明るく、子ども達の笑顔を見るのが大好きな職員の集まりです。
    行事等も、みんなで考え、計画し、準備をするチームです。一人ひとりの個性(得意)を発揮し、日々、イベントや子ども達の受け入れをしています。
     いつも笑顔で、笑いがあふれています。でも、時には、子どもをしっかり指導し、子ども達・保護者の方々との信頼関係を築いている最高のチームです。

    これから取り組んでいきたいこと

    「大きな家族のような場所」を作りたいです。子ども・保護者・一緒に働く職員と、会話(コミュニケーション)をしっかりととり、寄り添いながら、日々楽しく生活できる場所となり、一日の終わりに「また、明日ね!」と、みんなが笑顔で言える放課後の居場所でありたいと思います。
    利用される子ども達の大切な放課後の居場所として、安心安全な日々を過ごせることはもちろんのこと、子ども達一人ひとりが充実した放課後の時間を過ごせるよう、人と人とのつながりの中で興味を持ってどんどんチャレンジしていく「好奇心」や、人と一緒に楽しさをつくっていく「共創力」、子ども達が未来を豊かに生きるための力を育てていきたいと考えています。
    あそびの中にも学びがあり、子ども達の「今」に寄り添いながら、安心して過ごせる時間、空間、仲間の中で一人ひとりが自分の可能性を育んでいけるような学童保育にしていきたいと思います。

  • 房州 眞実(学童クラブ主任)

    学童指導員を目指したきっかけ

    就職活動中、福祉関係の就職相談会(いくつかの企業がブースを出して出展するタイプ)に参加し、ご縁があって、学童保育施設の指導員として就職したのがきっかけです。それまでは精神保健福祉士として病院などの就職を目指していたので、学童保育の仕事に就くことは自分でも考えていませんでした。
     初めのうちは「合わなければ違う業種を探せばいいし、何事も経験だ。とりあえずやってみよう」という気持ちで仕事をしていましたが、だんだんとこの仕事に魅了されていき、新卒から学童指導員になって気付けば6年目になろうとしています。今では、「学童指導員になって良かったな」と心から感じており、毎日の勤務が楽しみです。

    仕事のやりがい、おもしろさ

    子ども達の成長を自分の目で見て感じることができる点です。
    あそびや学習、生活の見守りをしたり、時には叱ったりなど、日々子ども達とかかわる中で、些細なことから子どもの成長を感じる場面がたくさんあります。そういった場面に出会う度に嬉しいですし、「毎日子ども達と一生懸命向き合ってきて良かったな」と、達成感や自信につなげることができました。
    また、子ども達との関係づくりの過程も、この仕事のおもしろさの一つだと感じます。はじめて会う子ども達に、どのように関わりを持っていくか、どうすれば自分達のことを受け入れてもらえるかなど、大人同士とはまた違ったアプローチが必要なこともあり、難しくも面白い点かなと思います。はじめは上手くいかなくても、必死に向き合った結果は必ず返ってくると思いますし、そうしてできた関係性は、私の宝物になっています。

    これからチャレンジしていきたいこと

    この仕事は毎日が挑戦だと思っているので、『挑戦していきたいこと』を挙げるのは難しいのですが、挙げるとすれば、『みんなが特技を活かせる学童を作ること』です。この“みんな”には、現場職員だけでなく、学童に通う子どもたちも含んでいます。スポーツや工作など職員の特技を活かしたイベントの開催、子どもの得意なことを伸ばしてあげられるかかわり方など、学童のみんなの得意が伸びて増えていく環境づくりをしていきたいと思っています。
    そのために私も、自信を持って特技と言えるものを増やしていきたいです。

ココファン・ナーサリーで
働きたい方

WEBで応募する

WEBサイトから各求人へご応募いただけます。応募フォームに必要情報をご記入ください。皆様のご応募お待ちしております。

応募はこちら

電話で応募する

03-6431-1861

月-金 9:00 - 17:00

(土日祝 年末年始は除く)

PAGETOP